顔の産毛剃りはどこまですべきか

顔の産毛剃りはどこまですべきか

身だしなみとして、顔の産毛剃りをしている女性も多く、メイクののりも良くなると言われていますが、実は、どこまで剃れば良いのか、良くわからない、といった声も少なくありません。

 

自分で行う場合、横のラインは目視しにくいので見落としがちですが、意外に、フェイスラインが残ったまま、といった女性も少なくありません。

 

気をつけなければならないのは、額のラインともみあげのラインで、剃りこみ過ぎてしまうと、髪が禿げあがってしまっているようにも見えるので、自然な生え際を残すように、ぎりぎりラインまで処理をしすぎないようにしましょう。

 

顔の中でも、特にしっかりと処理をしておきたいのが、口周りの産毛で、髭のようにも見えてしまうので、鼻のすぐ下や口の横など、皮膚が落ちくぼんでいる部分も綺麗に剃っておきましょう。

 

同時に、顎下にも硬いひげが数本生えている女性も珍しくはないので、顔の角度を少し変えてみたり、指先で触って確認し、生えていれば処理をしましょう。

 

顔の産毛を処理するタイミング。

女性なら誰もが気になってしまうのが、顔の口周りなどに生えてしまう産毛です。放置しておくとどんどんと長くなってしまいますし、まるで男性のヒゲのように見えてしまい、恥ずかしくなってしまいます。

 

そんな顔の産毛ですが、処理するのが一般的ですが、どのタイミングで処理をすれば良いのでしょうか。

 

お勧めは、お風呂での処理です。お風呂ですと、石鹸などもあり肌も潤っておりますので、顔が傷つきにくく安全です。

 

カミソリなどで処理する場合は、石鹸により滑ってしまい肌を傷つけることもありますが、乾いている方が肌がかさついたり傷ついたりしてしましますので、タイミングとしてはお風呂で処理をするのが良いのではないでしょうか。

 

 

更に、明るい場所で産毛を処理することで、普段は見えないような場所に生える毛を見つけることが出来ますので、お勧めです。

 

顔は第一印象を決める大事な場所でもありますので、ムダ毛などは取り除き、本来の美しい姿を常に保ち続けましょう。

 

⇒産毛用のクリームがあるって知ってましたか?