顔の産毛処理はする派?しない派?

顔の産毛処理はする派?しない派?

皆さんは顔の産毛処理をしていますか?顔の産毛が目立たない体質の方なら、眉毛以外は顔の産毛処理はしないという方もいるでしょう。口の周りの産毛は処理していても、顔全体は処理していないという方も多いと思います。

 

ちょっと面倒に感じてしまう顔の産毛処理ですが、実はたくさんのメリットがあるのです。

 

まず、顔の産毛が無くなることでメイクが肌に密着するようになり、化粧ノリが良くなります。化粧崩れもしにくい肌になることができます。顔全体を覆っている産毛が無くなるので、肌がトーンアップするのも嬉しいですね。余分な古い角質も除去することができ、肌のごわつきも改善してもちもちとした手触りになります。
これだけのメリットがあるなら顔の産毛処理を試してみる価値はありそうです。

 

顔の産毛処理はカミソリを使用して剃るのが最もコストがかからず自宅で手軽にできる方法です。

 

顔の産毛処理は、メイクや紫外線の影響を考えると夜の洗顔後が向いています。産毛を目で確認出来る明るさの場所で鏡を見ながら丁寧に行います。顔にカミソリを当てる前にはホットタオルで産毛をふやかし、シェービングクリームや乳液で肌を保護しましょう。

 

おでこは下向きに、頬は外側に向かって、毛の流れに沿って優しくカミソリを滑らせます。同じところを何度も剃ると肌が傷つきますのでやめましょう。剃った後はタオルなどで肌を冷やし、しっかりと保湿をします。

 

カミソリでの顔の産毛処理は2?3週間に一度の頻度が目安です。綺麗になるからといって頻繁に処理をすると肌を傷めることになります。

 

カミソリでの顔の産毛処理もメリットは多いのですが、産毛の顔の表面に出ている部分だけをカットするのでまたすぐに生えてきてしまうというデメリットがあります。このデメリットが気になる方は家庭用の脱毛器を検討してみてはいかがでしょうか。フラッシュ式の家庭用脱毛器なら、ムダ毛を元から減らすことができ、お手入れの回数を減らすことが可能です。

 

家庭用脱毛器を選ぶ際に気をつけたいのが、顔に使えるかどうか、という点です。値段だけにとらわれて機種を選んでしまうと、購入してから顔には使えず残念な思いをすることになりかねません。

 

顔の中でも特に気になる口周りにも使えるかどうか、ご自身が気になる部位に使えるかどうかをチェックしてから購入したいですね。
家庭用脱毛器があれば、他の部位も家庭で脱毛することが可能になります。初期投資は決して安いとは言えませんが、全身脱毛に通うよりはずっと費用は抑えられます。

 

顔の産毛を処理すれば、今よりワンランクアップしたメイクが楽しめるはずです。顔の産毛処理で自信を持って夏を楽しみたいですね。