顔の産毛を処理しても肌に青みが残る場合の対処法

顔の産毛を処理しても肌に青みが残る場合の対処法

女性の皆さんは顔の産毛、特に口周りの産毛の処理には気を使いますよね。しかし、きちんと産毛を剃ったはずなのに口の周りがなんとなく青いなんていうことはありませんか?

 

これは、肌に残った毛根が光の加減で透けて見えているのが原因です。カミソリやシェーバーでは肌の表面に生えてきている産毛しか剃ることができませんから、剃るだけのお手入れでは対処することができません。

 

肌の青みを改善するには毛根を無くさなくては、と考えて毛抜きで抜いてしまう方もいるかと思いますが、顔の産毛を抜くことは肌への負担が大きすぎるのでやめましょう。顔の産毛を毛抜きで抜くのはとても痛いですよね。それだけ肌へのダメージも大きいということです。

 

毛抜きで産毛を抜き続けると、埋没毛になってしまったり、毛穴が炎症を起こしたりします。毛根に刺激が加わるので、毛硬化といって手足のムダ毛のような太い毛が生えるようになってしむこともあります。こうなってしまっては困りますね。

 

毛根から顔の産毛を無くし青みを改善するには、脱毛が有効です。顔の産毛のような細い毛に対しては、手足に比べて施術の回数は多くなりますが、毛根から毛を脱毛することが可能です。

 

しかし、脱毛は費用の面でなかなか手を出しづらいですよね。脇や手足のようにキャンペーンでのお得な値段設定がされることが少ない顔の脱毛はどうしても割高になりがちです。また、痛みや万が一のトラブルを考えるとなかなか踏み切れないという方も多いと思います。

 

そんな方に試してみていただきたいのが「ノイス」という女性の口周りの産毛に効くクリームです。毛を溶かす除毛クリームや、固めてはがす脱毛クリームとは全く異なる、産毛が生える原因に直接働きかけるクリームです。

 

そもそも、女性の口周りに産毛が冷えてしまう原因はどこにあるのでしょうか?

 

女性はもともと髭は生えない体質ですが、ストレスや睡眠不足、偏食などで男性ホルモンが過剰に分泌されると口周りの産毛が増えてしまうことがあります。ノイスはその原因に着目し、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボン、黒ダイズエキス、進化したイソフラボン「エクオール」を配合しました。さらにザクロ果皮エキス、プエラリアエキスも女性ホルモンのような働きをする有効成分として配合されており、乱れたホルモンバランスを整え産毛の生えづらい口元へと導きます。

 

ノイスには、脱毛サロンでも注目されている成分も配合されています。多種類の植物由来成分「フェリニーブ」は、様々な角度からムダ毛へとアプローチします。
また、ノイバラ果実エキスや、ゴレンシ葉エキスで毛穴へのアプローチも忘れません。毛穴の目立たないツルツル、スベスベの肌に整えます。

 

ノイスでムダ毛ケアをすれば、口周りの青みも目立たなくなるはずです。自宅処理では無理と諦める前に試してみませんか?

 

⇒ノイスについてもっと知りたい方はこちらから